お金と人形

評判のいい東急コミュニティーに依頼しよう

適正金額を出すために

家賃設定の方法を考える

アパートや賃貸マンションを経営するには、適切な家賃設定をする必要があります。そのためにもポイントとなるのは、周辺の家賃相場よりも高くならないことです。高額な家賃はそれだけでも入居の条件に合致しづらくなり、賃貸経営で最も回避するべき空室に繋がってしまうからです。家賃相場を適切にするためには、どのような方法があるか、内容を理解して決めることが重要となります。賃貸物件の家賃設定には比較法と積算法、そして収益分析法の3つがあります。アパートや賃貸マンションの場合は一般的に比較法と積算法が用いられ、貸店舗や貸ビルなど事業用物件では収益分析法が用いられます。比較法は文字通り近隣の賃貸事例を比較することで家賃相場を確認する方法で、積算法は経営に必要な資金や費用を計算して最適な家賃を算出する方法です。どちらもそれほど難しい方法ではないのですが、賃貸経営初心者や時間がない人にとっては簡単に行えるものではありません。また、立地条件や築年数で物件の家賃相場というものが変わるため、なるべくなら不動産の扱いに慣れたプロのアドバイスを受けることが大切です。不動産会社に相談にいけば、最近の成約事例や近隣の家賃相場を知ることができます。自己物件の情報を提示すれば最適な家賃相場をアドバイスしてもらうことができるので、上手く活用して空室による問題を回避するようにしましょう。プロのアドバイスは基本的に比較法と呼ばれるタイプなので、最終的には自分で利回りに合うかどうか、積算法で相場の調整をすることも大切です。