お金と人形

評判のいい東急コミュニティーに依頼しよう

空室リスク下げる賃貸経営

免責期間や解約条件も重要

アパートや賃貸マンションなどの賃貸住宅を購入してオーナーとなった場合、その経営方法は大きく2種類に分けられます。管理代行方式はオーナー自身が入居者を募集することになるため、空室が発生した場合は家賃収入減少も避けられません。その点でサブリースとも呼ばれる一括借り上げ方式なら管理会社が入居者を募集し、契約期間内の家賃収入も保証されるため空室リスクが回避されます。入居者の家賃滞納が発生した場合でも同様に一定の家賃収入が得られるとあって、一括借り上げは立地条件が悪い物件や築年数の古い物件に有利な方式なのです。このような一括借り上げを行っている不動産業者を選ぶ際には、できるだけ複数の業者を比較して慎重に検討するようにした方がいいでしょう。一定割合の家賃収入が保証されると言っても、多くの一括借り上げ業者では数年から10年という頻度で契約内容が見直されているのです。家賃が大幅に下げられた場合は、空室や滞納が発生しなくても家賃収入が確実に減ってしまいます。中には家賃減額に応じないとして中途解約されるケースもありますので、解約条件についても事前に確認しておくことが必要です。この他にも家賃保証の免責期間が適当かどうか、原状回復費用に関する規定や請求方式はどうか、といった点も業者を選定する際には見逃せません。敷金に関してもオーナー側が預かる形で契約できる方が有利なため、契約段階に入ってからも入念なチェックが求められます。もちろん一括借り上げ契約では家賃保証率も業者によって開きがありますので、以上のような点と合わせて最も有利な業者を選ぶのが賃貸経営成功の秘訣です。空室リスクのある賃貸物件ほど安く購入できるものですが、このような一括借り上げ業者を上手に利用することで安定収入につながります。長い期間にわたって賃貸経営のパートナーに選ぶ不動産会社だからこそ、何よりも信頼性が最大のポイントとなるのです。