お金と人形

評判のいい東急コミュニティーに依頼しよう

連帯保証人が不要です

保証料が発生します

アパートやマンションを借りる場合には、不動産賃貸契約を締結する必要があります。不動産賃貸契約を行う場合には、原則として連帯保証人をつける必要があります。近年、連帯保証人の代わりに賃貸保証会社を利用した不動産賃貸契約が増加しています。賃貸保証会社は、アパートやマンションなどの不動産の賃貸契約の際に連帯保証人に代わり、保証料を得ることで連帯保証人となる業務を行っています。家賃の滞納等が発生した場合には、借主に代わって賃貸保証会社が貸主へ家賃を代行して支払うことになります。近年の高齢化社会や国際化社会などの影響により、高齢者や外国人などは不動産の賃貸契約を結ぶ際に連帯保証人を探すことは困難な状況となっています。賃貸保証会社を利用することで、貸主は安定した不動産収入を得ることができます。また、借主は連帯保証人を探す必要はなく、不動産物件の選択の幅が広がるなどのメリットがあります。しかしながら、借主は賃貸保証会社へ保証料を支払う必要があり、余分な費用がかかることになります。賃貸保証会社へ支払う保証料は、それぞれの賃貸保証会社によって異なります。保証料の相場は家賃の3割から5割程度と云われていますが、賃貸保証会社によっては一律の固定金額を設定している会社もあります。賃貸保証の期間は2年間が多く設定されていますが、保証期間終了後には、更新料が請求される場合があります。家賃の滞納が発生した場合には、賃貸保証会社は家賃を立替えて貸主へ支払いますが、借主に対して賃貸保証会社が立替えた家賃を請求することになります。